excitemusic
ペグイントロン+レベトール併用療法の記録
by ff469
ICELANDia
about me
DarthVader
東京都在住 20代 男

2003年10月
 急性C型肝炎を発症
 ALT:2301

2004年4月
 イントロンA
 併用療法開始
2004年9月
 治療期間終了
 陰性の判定

2004年10月
 再燃

2004年12月
 ペグイントロン
 併用療法開始

2005年2月
 陰性の判定

2005年12月
 ペグイントロン
 併用療法終了

2008年12月
 治療終了3年経過
 陰性、正常の状態
カテゴリ
最新のトラックバック
またはじめればいいんだ。
from 藤居芳生の生きた証 -C型肝..
ご苦労様。DarthVa..
from ”あかるい”C型肝炎生活 -..
漢方薬
from 健康関連
白血球も増やしたい
from ”あかるい”肝炎日記
同じ日記
from 肝炎日記
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


投与終了3年経過

もっと経っているかと思ったが、投与終了からまだ3年。

今のところ全ての数値が正常となっており、完治したと言える状態が続いている。
血色もよく、表情も元気になってきたようで、今では昔病気をしていたと言っても冗談だと思われている。

不安はいろいろとあるが、運動してもお酒を飲んでも大丈夫になった体に感謝しつつ、これからも健康に気をつけていきたい。
# by ff469 | 2008-12-08 20:10 | C型肝炎闘病

投与終了9ヶ月後

早いもので、投与終了から9ヶ月が経過しました。

1ヶ月後~6ヶ月後、それに9ヶ月後のウイルス検査は、全て陰性。
肝臓の数値、エコーによる形、大きさ、血管の様子など、全てが正常と出ました。

皆様からの激励をいただきながらここまで頑張れたと感謝しております。


体力も気持ちも万全ではありませんが、回復しつつあります。
ここから、じっくり回復していけるよう、体を大切にしていきたいと思います。


皆様、本当にありがとうございました。
# by ff469 | 2006-09-26 16:38 | C型肝炎闘病

第48週

48週目が終了した。振り返ってみれば短い期間だった。副作用ではっきり辛かったのは、熱が出た第1週だけで、後はいろいろあったが乗り越えられる程度のものだったと思う。肝炎の辛さや将来への不安を考えると、なんと安定した治療期間だったことだろう。48週と言わず、このまま例えば3ヶ月ほどのインターバルをおいて再開できるなら、また投与しながら生活したいと思う。
ともかく、これで後は「完治しているのか」「いないのか」その結果を待つのみとなった。完治しているに超したことは無いが、自分で感じる体調は微妙なものだ。
応援していただいたたくさんの方への感謝を込め、とにかくしばらくは体を休めながら良い報告ができるよう頑張っていきたい。
# by ff469 | 2005-12-06 22:17 | C型肝炎闘病

第47週

体調は相変わらず好調を維持しているのだが、スッキリとはしない毎日。今週は少し肝臓が辛くて起きられない日があった。よく考えると、その前日の夜にアルコール成分入りのチョコレートを食べていた。そういえば以前にもアルコール成分の入ったチョコレートを食べた後にこんな風になった気がする。ほんのわずかな量でもやはりアルコールはきついらしい。
# by ff469 | 2005-11-23 20:35 | C型肝炎闘病

第46週

風邪気味だったおかげで白血球が2700まで回復した。
なので最終週までペグの減量なしに乗り切るれることが決まった。

背中の重さや消化不良感など、基本的なところは変わっていないが、さてさて、治ったと言えるだろうか?
きっと「治った」と言えると信じて、最後まで乗り切りたい。
# by ff469 | 2005-11-17 22:36 | C型肝炎闘病